周りからも髪の毛傷んだねと言われてショックでした。

地肌のことを考えて、ノンシリコンシャンプーに変えました。
使い始めると、シャンプー中もキシキシするなと感じてはいましたが、トリートメントをしていたのであまり気にしていませんでした。

1週間くらい経ったころ、鏡でなんとなく髪のツヤがなくなったなと感じていました。
すると、周りからも髪の毛傷んだねとか髪の毛パサパサだと老けて見えるよと言われてショックでした。
トリートメントをしているのになぜだろうと不思議でした。

地肌にはあっているシャンプーだったので商品を変えたくありません。
そこでツヤを取り戻そうとヘアケア用品を探しました。

自家製の椿油櫛も効果あり

シャンプーを変えたくなかったので、トリートメントの量を増やしたり、洗い流すまでの時間を長くしたりしましたが、効果はありませんでした。
洗い流さないトリートメントに変えると少し落ち着きましたが、以前のようなツヤはありませんでした。

そこでツヤならオイルかなと思い、椿油をつけるようになりました。
シャンプー後に、軽くタオルドライをして椿油を塗るだけです。
それが功を奏してからは、毎日のお手入れとは別に椿油を使ったオイルパックを1週間に一度はしています。
渇いた髪に手に広げた椿油を伸ばしていき、なじませます。
その後普通にシャンプーをして洗い流すだけです。
私は揉み込んだあと、レンジで温めたタオルで頭を蒸らします。
するとさらに効果を感じる気がします。

普段使う木製の櫛も、ナイロンの袋に椿油をいれてつけこみました。
椿油の染み込んだ櫛をサッと余分な油をふき取り、乾燥させた椿油櫛にして使っています。

いまは椿油一本で済んでいます

いつものシャンプーを使ったあとに、軽くタオルドライをしてオイルを塗りこむ生活を始めて、3日目くらいからだんだんツヤが戻ってきました。
そしてオイルパックや椿油の櫛などをつくり使い始めると、以前より潤いのあるツヤツヤ髪になりました。
椿油一本あれば、できるケアなのでとても楽に始めることができます。
以前はトリートメントに集中ペアパック、ヘアセット用のミストやスプレーなど多くのヘアケア商品を使い分けていましたが、いまは椿油一本で済んでいます。
ヘアセットで固めたいとき用に、ハードワックスがあるくらいです。

ヘアオイルは少し足りないくらいでOK

ツヤが最近なくなったなと感じる方は、ぜひヘアオイルを試してみてください。

つけすぎるとシャンプーをしていないような質感になってしますので、注意が必要ですが、少しずつ使用して、少し足りないかなくらいでやめていただくと潤った綺麗な髪に仕上がります。
夜シャンプーあとだけでなく、朝のセット前にもつけるとしっとりと綺麗にまとまりますよ。